ウィンドウを閉じる
クラスタリング・ソリューション・カンパニー

Bourbaki.com

Tuxedo Service Process の開発環境のヒントです

処理コードによるディスパッチを Tuxedo 側におこなわせる方法です。TMS の内部でも利用しているケースがあります。
ubbconfig
*ROUTING
REQUEST_ID FIELD=REQUEST_ID
BUFTYPE="VIEW:req"
RANGES="1-4:HANDLER1,
5-7:HANDLER2,
8-10:HANDLER3"
VIEW32
 >  viewc req.v
output: req.V
WTC による受け渡しでは Tuxedo 側は Binary View Table、WebLogic 側は コンパイル済み class ファイルを環境変数に設定しておく。
Tuxedo Boot
VIEWDIR32=/home/tuxedo/wtc/bin
VIEWFILES32=req.V
WebLogic Boot
export CLASSPATH=$CLASSPATH:/home/weblogic/wtc/bin/req