名前

INTRO(RM) - RM/DUX (CODASYL like Database for Unix)

機能説明

DUX には Record Manager と FML の2つの API が用意されています。

CODASYL

DUX API の中心的な考え方は、カーソル同士の接続にあります。1-way の場合は、2つのカーソルの接続のみをおこないます。n-way の場合は、複数のカーソルに対して、子供となるカーソルをひとつ接続することになります。シンプルですが、これがデータベース操作の大きな飛躍となります。分散トランザクション管理システムTUX との組み合わせで XA 準拠の OLTP システムを構築することができます。

本マニュアルでは、以下のようなデータベースモデルで関数の説明をおこないます。このサンプルの中で BELONGS_TO については Phantom File として作成することになります。

Record Manager

ファイルシステム(DUX FS)上には、アーキテクチャの異なる複数のデータベースを構築できます。DUX の標準ではCODASYL ライクなデータベースとなります。カーソルは DML のレベル以外に DDL でも重要な役割を担います。管理ツールは rmgr(1) となります。

Cursor

rmsetc(3rm),
rmconn(3rm),
rmconwf(3rm),
rmcurf(3rm), rmnextf(3rm), rmprevf(3rm),
rmnxnwf(3rm), rmpvnwf(3rm),

Creation

rmcrfd(3rm), rmcrfi(3rm), rmcrln(3rm), rmcrnw(3rm), rmcrtb(3rm),
rmopen(3rm), rmclose(3rm),
rmaddf(3rm), rmdltf(3rm),
rmaddfd(3rm), rmdltfd(3rm),
rmaddpl(3rm), rmaddsk(3rm),

Transaction

rmstart(3rm), rmcommit(3rm), rmabort(3rm),

Field Manipulation Language

フィールドを操作する言語により、柔軟なレコード管理を実現しています。

rmfinit(3fml),
rmfchg(3fml),

関連項目

fsadmin(1fs),
dbadmin(1db),
rmgr(1rm),
qmgr(1qm),

INTRO(3sql),
INTRO(3db),
INTRO(3fs),
INTRO(3qm),
INTRO(3rm),